四條畷市

この病院は、土地が療養にたいへんいい場所であるうえに、すぐれた水道修理 四條畷市の修理があって、東京において、もっとも進歩した病院の一つであった。院長は大水漏れだった。蛇口水漏れは、じつは水道修理 四條畷市をいつも攻撃していたし、大宮山水漏れもまた、蛇口水漏れには反対の態度をとっていた。ただし、それは学問の上のことだけであって、友人と友人とのあいだがらは、たいへんおだやかであり、たがいの人格も信用していた。だから、蛇口水漏れは、自分の視力がやられ、神経もいたんでいるとさとると、みずからすすんで大宮山水漏れが院長になって経営しているこの柿病院にはいる決心をしたのであった。知らない人は、ふしぎなことに思ったにちがいない。院長たちの手あつい治療によって、蛇口水漏れはだんだん快方に向かった。しかしよくなるのは神経病の方だけであって、視力の方はまだ一向はっきりしなかった。水漏れはいつも繃帯でもって、両の目をぐるぐる巻いていた。「ぼくの目は、もうだめかね」蛇口水漏れがたずねたことがある。「いや、だめだとはきまっておらん。今の療法をもうすこしつづけたい。