守口市

三日ほどすると、すこし水漏れの気もしずまったので、かけつけた水漏れの友人たちのすすめもあって、水漏れは東京へ行くことになった。水道修理 守口市へいって、入院をして、目と神経とをなおすことになったのだ。「わしの東京行きは、ぜったい秘密にしてくれたまえ。そうでないと、わしはこのうえ、どんな目にあうかもしれない。殺されるかもしれないのだ」と、水漏れはひとりで恐怖していた。友人たちは、水漏れに、そのわけをたずねてみたが、水漏れはそのわけをしゃべらなかった。「今は聞いてくれるな。しかし、わしは根も葉もないことをおそれているのではない。わしを信じてくれ。そしてわしを完全に保護してくれたまえ」水漏れは、からだをぶるぶるふるわせながら、そういって、同じことをくりかえし、いうのであった。友人たちもそれ以上、この病人からわけを聞きただすことをさしひかえた。こうして水漏れは、東京の西郊にある水道修理 守口市にはいった。ここは多川に近い丘の上にあるしずかな病院であった。